自賠責保険と任意保険|自動車保険でプレゼント・キャンペーン見積比較

自動車保険でプレゼント・キャンペーン見積比較

自動車保険の一括見積でプレゼントキャンペーン!今月、当サイトから自動車保険の 一括見積もりをすると保険料が安くできるだけでなく、契約の有無に関係なく特典で全員にマック カードや図書券・ハーゲンダッツギフト券等の金券をもれなくプレゼントでもらえます!

自賠責保険と任意保険

自動車保険のこと、どのくらいご存知ですか?

自動車の運転は教習所で教えてくれますが、
自動車保険については、自分自身で調べなければ
なりません。

自動車保険ってとっても重要なのに、
実は分かっていない部分も多いのではないでしょうか?

実は私もその一人でした(汗)


一般的に自動車保険と呼ばれるものは
任意保険の事を指しますし、
強制保険と呼ばれる自賠責保険もあります。
他にも、各種共済組合による自動車共済があります。

これら自動車保険の違いは何でしょうか?
このページでは各自動車保険について説明していきます。

83ba2c2038833f0054099f3bd4df86e0_s


自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)とは


国が始めた保険制度。
一般に「強制保険」と呼ばれ、公道を走る
全てのクルマやバイクに加入が義務づけられています。

自賠責の証明書をクルマに積んでいないと30万円以下の罰金
自賠責保険の有効期間が切れている場合は1年以下の懲役か
50万円以下の罰金
になります。

保険料は車種(車やオートバイの排気量や用途)と保険期間によって
定められ、自動車の登録又は車検の際に、車検満了日までの期間を
満たす保険期間での加入が義務付けられています。
支払限度額は、被害者の死亡及び重度の後遺障害で最高3,000万円、
その他の傷害時で最高120万円
です。

自賠責保険についてのもっと詳しい解説
 ⇒自賠責保険とは



任意自動車保険(任意保険)とは   

重大な事故の場合には 自賠責保険だけでは不足します。

というのも自賠責はあくまで「対人保険」であり、保険の支払いが
できるのは「他人」に対する損害だけ
に限られるからです。
その為、物損事故には対応できないため、強制保険以外にも任意で
他の保険にも加入しておくことが推奨されます。
これを任意自動車保険(任意保険)と言います


保険期間は通常は1年ですが、長期や短期の保険もあります。
保険料率は車種の他に、運転者の年齢や運転者の範囲
(車を他人が運転するか、本人・家族のみか、など)による分類に
よって定められ、危険度(事故率・損害率)の高いグループになる
ほど、高い保険料率
となります。
(若年運転者ほど高い保険料率となります。
また、運転者が家族に限定されるよりも、不特定多数に
よる運転の方が保険料率が高い、などがあります。)

他にも車両の安全装備(エアバッグ、ABS、衝突安全ボディ)や
盗難防止装置の有無(イモビライザーなど)による割引制度
があります。

20e37b7cb697054f863f74c7ffd73423_s

任意保険の内容は以下の通りです。

【支払限度額】
自由に設定できる

【支払対象】
対人賠償、対物賠償、人身傷害、車両など
ほとんど全てが対象に設定できる

【保険料】
保険会社や保険契約(保険内容)による

【保険期間】
1年(が多い)

【保管場所】
特に決まっていない


自賠責保険と比べて、補償範囲が幅広くなっています。

実際にあった事故のケースを見てみると、
自賠責保険だけではカバーしきれない賠償額になる
場合もあります。

人身事故では億を超える賠償額になることも
珍しくありません。

また、対物賠償、自分自身の傷害補償をつけたいと
お考えなら、任意保険には加入しておいた方が
良さそうですね。

1ff1778a5f23c9a691cef3561ab71b01_s


自動車共済とは           

各種共済組合にも自動車保険に似たものがあります。

例えば中小企業の役員や従業員を対象とする全国自動車共済
各地の農協が行っているJA共済
協同組合連合会の自動車共済
各地の消費生活協同組合や全逓、全林、全電通等の労働組合の
連合体が実施している全国労働者共済生活協同組合連合会の
マイカー共済等があります。

いずれも掛け金は民間の保険会社の保険に比べると若干安く
なっています
が、それぞれについて加入者の条件が決まっています
まずは自分が加入できるかどうかを確認する(リンク先の保険の窓口
インズウェブのバナーより全労災の資料請求ができます。)必要があります。



自動車に乗っている限り”絶対安全”とは
言い切れません。

被害者にも加害者にもなりえます。

死亡や高度障害などの人身事故の場合、1億円以上の
賠償責任が発生
する事も少なくありません。


また、物損事故でも電車との衝突事故や店舗に
突っ込んでしまったような事故などは高額に
なってしまうことがあります。

金銭面でのリスクに備えるためにも、
自動車保険には入っておいた方が良さそうですね。



自動車保険の一括見積り比較(プレゼント・キャンペーン特典つき)はコチラ
2015年06月21日| このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote Edit
Copyright © 自動車保険でプレゼント・キャンペーン見積比較 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます