自動車保険の主な特約|自動車保険でプレゼント・キャンペーン見積比較

自動車保険でプレゼント・キャンペーン見積比較

自動車保険の一括見積でプレゼントキャンペーン!今月、当サイトから自動車保険の 一括見積もりをすると保険料が安くできるだけでなく、契約の有無に関係なく特典で全員にマック カードや図書券・ハーゲンダッツギフト券等の金券をもれなくプレゼントでもらえます!

自動車保険の主な特約

自動車保険の基本保障には

・対人賠償保険
・人身傷害補償保険
・対物賠償保険
・車両保険

の4つがあります。

それ以外の保険や特約って意外と知らないのでは!?

自動車保険の特約について調べてみました。



 事故対応支援のための特約     

bonnet


【対物超過(対物全損特約)】

対物賠償無制限の保険に入っていても、
補償してもらえない場合があることはご存知ですか?

 例)時価額20万円の軽自動車に追突し、
   修理代が30万円かかる。

   時価額<修理代

このようなケースでは、対物賠償保険では
時価額20万円
しか支払ってもらえません。

法律上でも、損害賠償義務は20万円まで

残りの修理代は自腹を切るか、対物超過特約で
カバーすることになりそうですね。


【弁護士費用特約】

弁護士費用特約と言う名称から、弁護士費用を
負担してくれる
ものかな?と想像はつきそうですね。

交通事故の際、保険会社は示談交渉をしてくれますが、
相手に賠償しなけらばならない場合に限られます。

すなわち、保険会社が保険金を支払わなければ
ならない場合と言うことですね。


では、どういった場合に弁護士が必要になるのか?

例えば、過失割合:自分0%、相手100%の場合などが
考えられます。

相手が払えば、ハイお終い…かと思いがちですが、
相手が無保険だったり、本人同士では示談交渉が
全然進まない場合などは、弁護士を頼んだ方が
断然早いです。


弁護士費用特約は年間数千円程度で付帯できます。

 ・弁護士報酬
 ・訴訟費用
 ・仲裁・和解もしくは調停に要した費用
 ・法律相談料

が保険金として支払ってもらえるので、
つけておいても良いかもしれませんね。

弁護士費用特約の内容は、保険会社によって
違いがあるので、契約前に比較してみて下さい。

backtail


【自損事故保険】

交通事故には相手のいる事故だけでなく、自損事故
と呼ばれる単独事故も少なくありません。

また、車対車でも過失が全て自分にある場合、
運転者本人の死亡や傷害については、
自賠責保険からは保険金が支払われないのです。

自損事故保険は、運転者(被保険者)自身が
起こした自動車事故によって死亡したり、
傷害・後遺傷害を受けた場合
に、支払われます。

自損事故保険は、一般的には自動付帯されていますが、
自賠責保険などから補償を受けられない場合しか
支払われないのでご注意を。



 クルマ以外の補償に関する特約   


【ファミリーバイク特約】

125CC以下の原動機付自転車もしくは50CC以下で、
3輪以上の自動車で事故を起こした場合に
支払われる
保険です。

ファミリーバイク特約には2種類あります。

 1)対人・対物・人身傷害が付帯される人身型。
 2)対人・対物・自損事故傷害が付帯される自損型。

ちなみに、ファミリーバイク特約で保険金が
支払われた場合、主契約の自動車保険の等級は
影響がなく、ノーカウント事故の扱いになります。


【搭乗者傷害保険】

被保険自動車に乗っている運転者や同乗者に、
契約時に決めた保険金額を支払う保険です。

契約時には、死亡・後遺症・ケガなどの状況に
応じた保険金額をあらかじめ決めておくのです。


支払方法は2種類、定額払いと日額払いがあります。

 ◆定額払い
 「部位」「症状」「入通院日数」に応じて
 保険金が支払われます。

 ◆日額払い
 病状に関係なく、1日の入院当たりの保険金額が
 支払われます。

toujousha


【ドライバー保険】

ドライバー保険(自動車運転者損害賠償責任保険)はマイカーを持って
いない人の為の保険です。
自動車免許を持っている人は誰でも加入できる保険です。自分の車は
持っていないけれど、人の車を借りたり、レンタカーを利用する時の
事故に備える為の保険です。

保険の担保種目としては対人賠償保険対物賠償保険があり、搭乗者
傷害保険は他保険とセット
することで加入できます。
ペーパードライバーの人も加入すれば安心して運転ができます。
ただし、親族所有の車、法人名義の車、業務中の事故は補償されません。



【ペット補償特約】

共栄火災海上保険が、個人向け自動車保険で国内初となる
ペット補償特約をだしました。総合自動車保険「KAPくるまる」の
特約で、4/1〜契約の販売をスタートします。

背景としては拡大するペット市場があり、「ペットが飼い主と
自動車で行動するのは、これからも増加していくものと考え
られる」と、同社はこの特約で新たな獲得数を目指しています。

「飼い主にとっては、ペットの葬儀を行うことは心の区切りを行う
上で重要な位置をしめます。葬祭費用補償を通じて、“ペットロス
症候群”が少しでも軽減できるのでは」と、意図を明かしました。


ちなみに、この特約では、被保険自動車同乗中のペットが、
自動車事故により被保険者と同時に死傷
した場合、もしくは
被保険者が人身、傷害保険金の支払い対象となる場合に限り、
ペットの治療費用(実費最大5万円が目安)、葬祭費用(実費
最大10万円が目安)が支払われます。

年間保険料は800円というもの。葬祭費用保険金が支払われる
場合は、墓石代や墓地代等の臨時費用保険金3万円も追加されます。

市場がどう反応するのか、これからの動向は気になります。

dogcar


 補償内容の確認を        


このように自動車保険もバラエティー豊かですので、
自動車保険料と補償内容のバランスを考えながら
選ぶといいですね。


ちなみに、保険会社の自動車保険の名称は、
独自につけられています。

名前だけでは良く分からないので、
商品内容を良く確認してから契約するように
してください。



特約についてのまとめ記事はコチラ
 ⇒ 自動車保険の種類 〜特約編〜




自動車保険の一括見積り請求サイト(プレゼント特典つき)ランキングはコチラ



ドライバー自身を守る最低限の補償として、
自動車保険の一括見積り請求(キャンペーン・プレゼント特典つき)はコチラ
2015年06月14日| このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote Edit
Copyright © 自動車保険でプレゼント・キャンペーン見積比較 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます