対物賠償・対人賠償に備える自動車保険の選び方|自動車保険でプレゼント・キャンペーン見積比較

自動車保険でプレゼント・キャンペーン見積比較

自動車保険の一括見積でプレゼントキャンペーン!今月、当サイトから自動車保険の 一括見積もりをすると保険料が安くできるだけでなく、契約の有無に関係なく特典で全員にマック カードや図書券・ハーゲンダッツギフト券等の金券をもれなくプレゼントでもらえます!

対物賠償・対人賠償に備える自動車保険の選び方

自動車保険、入ってますか?

今回は、自動車保険の選び方(対物賠償)について調べてみました。


人身事故の賠償金額が高額になることが多いのですが、
対物はどうでしょうか?

一般的に、2000万円程度の契約が目処になります。

ただし、以下のような場合は賠償額が高額に
なってりする場合があります。

◆踏切内で電車に衝突
◆店舗に突っ込む
◆超高級車を大破させる

万一のために「無制限」にかけておくかどうか
検討して下さいね。


自動車保険の対物賠償の対象は、自分の自動車が
壊した「モノ」やそれによる「間接的な損害」です。

「モノ」
事故の被害者(他人)のクルマや所持品、建物、
ガードレール、電柱など、自分の車によって
損害(破損、汚損、滅失)を与えた全て

「間接的な損害」
休業損害、営業損失など

自分・配偶者・子供・同居親族の物は
含まれませんのでご注意ください。


続いて、対人賠償についてです。

自動車事故で怖いのは、他人への被害です。
安全運転を心掛けていても、対人事故のリスクは
0ではありません。

ケガをさせてしまう、最悪の場合は死亡させて
しまう、などが考えられます。

万一のためにも、対人賠償に備える自動車保険に
加入しておくことが必要ですね。


強制的に加入する自賠責保険では、
 死亡の場合で3,000万、
 後遺障害で最高4,000万円、
 傷害(ケガ)で最高120万円
の保険金が支払われます。

これは十分な額でしょうか!?

実際のケースを見てみると、自賠責保険だけでは
カバーできないことが多々あります。


特に死亡や高度障害が残るような事故では、
賠償額は億単位になることもあります。

ご遺族に対する責任を取るためには、
自動車保険も「無制限」でかけておくのが良いですね。


ちなみに、対人賠償保険で「2億円」の補償と、
「無制限」の補償を比べてみると、保険金額には
あまり差がありません。

であれば、「無制限」に加入するのがおススメです。


対人賠償の対象は、自分・配偶者・子供・同居親族
以外の他人です。


保険支払額=損害賠償請求額−自賠責保険の保険金

であることも、知識として知っておくといいですね。

自動車保険の一括見積り請求(キャンペーン・プレゼント特典つき)はコチラ
2014年08月09日| このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote Edit
Copyright © 自動車保険でプレゼント・キャンペーン見積比較 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます