自動車保険見積を賢く選択する|自動車保険でプレゼント・キャンペーン見積比較

自動車保険でプレゼント・キャンペーン見積比較

自動車保険の一括見積でプレゼントキャンペーン!今月、当サイトから自動車保険の 一括見積もりをすると保険料が安くできるだけでなく、契約の有無に関係なく特典で全員にマック カードや図書券・ハーゲンダッツギフト券等の金券をもれなくプレゼントでもらえます!

自動車保険見積を賢く選択する

●自動車保険を賢く選択するには

自動車保険を選択する際にまず考えることは、
保険料の安さを重視するか、
内容を重視するかを決めます。

加入した保険でどこまで補償してくれるのか、
どのようなサービスが受けられるのか、
保険会社によってケース・バイ・ケースです。
安さを優先することで、安全に対する補償が手薄に
なってしまうパターンもあります。

ご自分の家族構成、収入、生活環境等を元に
自動車保険で補償してほしいのは何になるかを考えます。
それを基礎にして『保険料を安くすること』を重視するか、
『万一の時の安心』を重視するかを決めます。

a0782_001194


●『保険料を安くする』を重視するには

ダイレクト系保険会社のリスク細分型保険をおすすめします。

ダイレクト系保険会社とは、代理店などを通さず
契約者と保険会社とが直接やり取りする保険会社のことです。
よくテレビCMなどで見かけるアメリカンホームダイレクトや
ソニー損保などがダイレクト系保険会社になります。

リスク細分型保険とは、
ドライバーの年齢や事故歴などのデータから、
ドライバーの危険度(リスク)を分析します。
その分析結果を元に保険料を決める保険のことです。


ダイレクト系保険会社のリスク細分型保険なら、
年齢、使用目的、走行距離等の条件により、
保険料を安くできる可能性があります。

この際、複数の保険会社の中から最も安くなる保険を選ぶ
必要があるので一括見積りサービスを利用しましょう。


ただしリスク細分型保険の場合、
危険度の高いドライバーは保険料が高くなることもあります。



●『万一の時の安心』を重視するには

人身傷害補償保険をつけましょう。
その際には、自己相手への賠償だけでなく
自分自身、家族への補償をつける事がポイントです。
若干、保険料が割高になりますが、自分や家族の死亡や、
後遺障害または傷害を被った時に過失割合に関わらず、
自分自身の過失分も含めて補償がされます。

また、単独事故や示談の有無に関係なく補償されます。
このような補償の手厚さから「完全補償タイプ」とも呼ばれています。
安全性を一番に考えた場合、入っておいて損のない保険と言えます。


その為、万が一の際に支払われる保険金の差は
とても大きなもの
になります。

人身傷害補償保険には様々な保険の種類があり、
どれに入るのが一番いいのか判断しにくいと思います。
そのような時は、保険代理店等で相談にのってもらいましょう。


自動車保険の一括見積り請求(キャンペーン・プレゼント特典つき)はコチラ
2015年12月18日| このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote コメント:0トラックバック:0Edit

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Copyright © 自動車保険でプレゼント・キャンペーン見積比較 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます