リスク細分型保険の長所と短所|自動車保険でプレゼント・キャンペーン見積比較

自動車保険でプレゼント・キャンペーン見積比較

自動車保険の一括見積でプレゼントキャンペーン!今月、当サイトから自動車保険の 一括見積もりをすると保険料が安くできるだけでなく、契約の有無に関係なく特典で全員にマック カードや図書券・ハーゲンダッツギフト券等の金券をもれなくプレゼントでもらえます!

リスク細分型保険の長所と短所

リスク細分型保険とは、免許の色や車種、運転手の事故リスクの
可能性などを分析して保険料率を決める保険のことです。

リスク細分型保険については、こちらのページでも書いています。
 ⇒ リスク細分型の自動車保険とは?


リスク細分型の導入で、ドライバーの保険料は安くなる事も多く、
無駄を省くことができるようになりました。
実際に、従来型の保険料より、3割・4割という大幅な節約
実現した人も多いようです。

しかし、注意も必要です。TVCMを見ていると、「リスク細分型」=
「保険料が安い」
と考えてしまいますが、事故率が高いドライバーは、
今までより保険料が高くなる可能性もあるのです。

a0001_003010


保険料が高くなるリスク要因は、主に9項目あります。

 1.年齢
 2.性別
 3.運転歴
 4.営業用、自家用、その他の車の使用目的
 5.年間走行距離、その他の車の使用状況
 6.地域
 7.車の種別
 8.車の安全装置の有無
 9.車の所有台数
 (保険業法施行規則(平成8年2月29日大蔵省令第5号))


例えば年齢で言えば、若いドライバーは技術が未熟な上、
乱暴な運転をしがちだと考えられています。
このため、若いドライバーは保険料が高めになっています。

使用目的では、使用目的から運転する頻度を計算します。
運転する時間が長ければ長いほど、保険料は高めに設定されます。

免許証の色の違いも大事な要因です。
ゴールド免許とブルー免許とでは、
1割位以上保険料が違ってくる場合もあります。


このようにリスクを細かく分析するのは、
保険会社は事故率の高いドライバーに見合う
金額の保険を払ってもらう必要があるからです。


リスク細分型の保険は、保険会社によって計算方法が違います。
そのため、保険会社が違えば保険料も違ってきます。

また、最近では、上に書いてある9つのリスク要因以外にも、
エコカー(低燃費車や低排出ガス車など)を
リスクの少ない要素としている会社もあります。

ですから、日々の中で安全運転を心がけること、
そして複数の保険会社から見積もりを取り、
現状に応じた保険を選ぶことが最も大切です。


自動車保険の一括見積り請求(キャンペーン・プレゼント特典つき)はコチラ
2015年04月30日| このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote Edit
Copyright © 自動車保険でプレゼント・キャンペーン見積比較 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます