自動車保険でプレゼント・キャンペーン見積比較

自動車保険でプレゼント・キャンペーン見積比較

自動車保険の一括見積でプレゼントキャンペーン!今月、当サイトから自動車保険の 一括見積もりをすると保険料が安くできるだけでなく、契約の有無に関係なく特典で全員にマック カードや図書券・ハーゲンダッツギフト券等の金券をもれなくプレゼントでもらえます!

overturemonitor自動車保険の対象範囲

overturemonitor自動車保険にも対象にならない場合、なる場合があるので
ここできちんとおさえておきましょう。

overturemonitor自動車保険の対象とならない場合

・加害者に賠償責任が発生しない場合
・自動車の運行によって死傷したものでない場合
・被害者が自賠法第3条の他人に当たらない場合(保有者、運転者等)
・請求期間を過ぎて時効となっている場合


overturemonitor自動車保険の対象となる場合

・自動車にひき逃げされた時において、保有者が明らかでない場合
・自賠責保険に加入義務があるのにその義務を怠っている
 自動車(無保険車)との交通事故によって死傷した場合
・自賠責保険の保険期間が経過してしまっている
 無保険自動車との交通事故によって死傷した場合
・自賠責保険に加入しているが、
 まだ保険期間が始まっていない無保険自動車との
 交通事故によって死傷した場合
・自賠責保険に加入する手続はしているが、
 保険料未納などで保険会社で責任をもっていない
 無保険自動車との交通事故によって死傷した場合
・構内自動車、道路上で運転しない自動車で
 自動車登録原簿に登録を受けない自動車との
 交通事故によって死傷した場合
・盗難、無断運転などで保有者に全く責任が認められない自動車との
 交通事故によって死傷した場合


overturemonitor 自動車保険によって被害者に認められている権利は、政府
に対する公共上の保険請求権となるので、損害賠償請求権とは違います。

又、この保険請求権は「加害者側に対する損害賠償請求権」の存在が前提で
成り立っている為、損害賠償請求権が成立しない場合の保険請求はできません。
なお、被害者に支払う限度額は、自賠責保険と同額です。

自賠責保険と違う点は、過失相殺について特別扱いをせず、加害者・被害者
それぞれの過失割合を認定した上で支払いを行う点です。
又、親族間事故に対するてん補も原則としてはありません。

本来の制度の趣旨が、他の手段によっては救出されない被害者に、必要最少
限度の救済を与える事なので、健康保険、労働者災害保険等の各種社会保険
から給与がなされる場合や、自賠法によって損害賠償の責任を負う者から
損害賠償がなされた場合等、被害者が他の手段によって救出された場合には、
その限度において損害のてん補は行われない事になっています。



自動車保険の一括見積り請求(キャンペーン・プレゼント特典つき)はコチラ
2007年05月13日| このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote Edit
Copyright © 自動車保険でプレゼント・キャンペーン見積比較 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます